小さい文具3選

最近は会議の資料をPDFにしてiPadに読み込んで直接書き込むというスタイルに変わってきた管理人あれちんですが、文具もまだまだ活用しています。

そこで今回は普段から管理人あれちんが使っていて「コレは便利!」という文房具3選を紹介したいと思います。

文房具を使う目的は?

「文房具」と一言で言っても様々な利用目的があると思いますが、あれちんの場合には「持ち運ぶ(携帯する)」という目的で文具を選んでいます。

その為、「ペンケース(筆箱)」に入るというのが第一条件なので、より小さい文具を選ぶようにしています。

それでは早速オススメの小さな携帯用文具3選を紹介したいと思います。

↑目次に戻る

ペンにしか見えないはさみ、「スティッキールはさみコンパクト」

最初にご紹介したい携帯用文具はこちら
サンスター文具スティッキールはさみ

どう見ても「ペン」ですよね。This is a pen のペン。
サンスター文具スティッキールはさみを手にする

上から見ても、フタがついているペンにしか見えません。
サンスター文具スティッキールはさみを上から見た図

手の平に載せてもペンにしか見えません。(しつこいですが・・・)
サンスター文具スティッキールはさみを手の平に乗せる

ペンにしか見えない物体のフタを開けると・・・

本当にどこからどう見てもペンにしか見えませんが、ひとたびフタをはずすと・・・
サンスター文具スティッキールはさみのふたをはずす

サンスター文具スティッキールはさみのフタをはずす2

ナント、中からはさみが出てきます!!!
サンスター文具スティッキールはさみとフタ

サンスター文具スティッキールはさみ

ハサミって携帯しておくと何かと便利ですが、どうしても邪魔になっちゃいますよね。こちらの「サンスター文具 スティッキールはさみ コンパクト」であれば筆箱はもちろん、安全なのでポケットにも気軽に入れる事ができます。
サンスター文具スティッキールはさみを手にする

そして驚くべきは、こんなに小さいのに切れ味がとてもよく、ハサミとしての機能もバッチリ!
サンスター文具 スティッキール はさみはとても小さい

スティッキールの使い方

使い方は至って簡単で、フタを取り、あとはハンドル部分を握れば切れます。
サンスター文具 スティッキール はさみを使う

サンスター文具 スティッキール はさみを使って切る

普通のハサミと違うのは、「バネ」が付いているところ。スティッキールはさみは普通のはさみと違い、指を入れる所がない為、刃が開いている状態が通常の状態です。(出している時の)
サンスター文具 スティッキール はさみのバネ

しまう(カバーをする)時には握ってから入れればよいだけですが、出す時にはバネの反動があるため、本体にはこのような注意書きが貼られています。
サンスター文具 スティッキール はさみの注意書き

しまった時の携帯性がとにかく良いので、いつも持ち歩いていますが、1本あると本当に便利です!
「すみっこぐらし」などのキャラクターが入ったものもあります。

↑目次に戻る

USBメモリーにしか見えないコンパクトホッチキス

次にご紹介したいのがこちら!今度はどう見てもUSBメモリーにしか見えません。
ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキス とUSBメモリー

手の平に載せてもUSBメモリーにしか見えません。
ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキス を手の平に乗せる

横から見てもイマイチ何なのかが分かりませんが、
ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキス を横から見る

こちらは「ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキス」というホッチキス!

XS コンパクトホッチキスの使い方

こちらの「ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキス」の使い方もとても簡単。先っぽを持って、
ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキスの先っぽを持つ

その先っぽを開くだけ。
ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキスを開く

後は普通のホッチキスと同じように使えます。
ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキスを使う

使えるように開いても手の平サイズです。
ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキスは手の平サイズ

XS コンパクトホッチキスの針の替え方

ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキスの針の替え方は普通のホッチキスと同じようにフタ部分を開け、
ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキスを開ける

針のストッパーを後に下げて、追加のホッチキス針を入れるだけ。
ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキスのストッパー

ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキスの針を入れる部分

XS コンパクトホッチキスを使った感想

ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキスの使い心地ですが、普通にホッチキスです。

こんなに小さいのに、10枚ちょっとの用紙でも止める事ができ、良い意味で、普通にホッチキスです!

閉じた後のホッチキス針を取り外す「リムーバー」もしっかりとついていて、普通にホッチキスとして使えるホッチキスです!!

XS コンパクトホッチキスのしまい方

ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキスのしまい方ですが、後部分に「CLOSE」というボタンがあるので、
ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキスのCLOSEボタン

それを押しつつ、先っぽを軽くつまむとしまえます。※写真では片手でやっていますが、通常はどちらかの手でCLOSEを押しつつ、もう片方の手で先っぽをつまむとやりやすいです。
ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキスをしまう

こちらも携帯性抜群なので、スティッキールはさみと一緒にペンケースに入れておくと重宝しますヨ!!

↑目次に戻る

簡単に端子部分がしまえるスライド式USBメモリー

最後にご紹介したいのがこちら!USBメモリーにしか見えませんが、USBメモリーです♪
 USBメモリ 64GB USB 3.1 スライド式

USBメモリーは端子の部分を守る為にフタが付いているものが多いですが、フタってついついなくしちゃうんですよね。

ペンケースの中に入れていても、いつの間にかはずれちゃったりして、なかなか腹立たしいですが、こちらのTranscend USBメモリ 64GB USB 3.1 スライド式は名前の通り、「スライド式」なのでフタを失くす事がありません。

Transcend USBメモリ スライド式の使い方

Transcend USBメモリ 64GB USB 3.1 スライド式は通常こちらのようになっており、
Transcend USBメモリ 64GB USB 3.1 スライド式をしまった状態

青いスライドボタンをスライドさせる事によって、USBの端子部分が出てきます。
Transcend USBメモリ 64GB USB 3.1 スライド式の青いスライドボタン

Transcend USBメモリ 64GB USB 3.1 スライド式のスライドボタンをスライドさせる

Transcend USBメモリ 64GB USB 3.1 スライド式のUSB端子をスライドして出す

後はUSBを挿すだけでOK。
USB端子を守ってくれる上に、ストレスなく使えるのでとっても便利!

ちなみに今回ご紹介したUSBは64GBで、1500円弱。

128GBで2500円ほど。

256GBでも4500円ほどと、とってもリーズナブルなのがまたうれしいです!

↑目次に戻る

まとめ

あれちんあれちん

今回ご紹介しました携帯ハサミ「サンスター文具 スティッキールはさみ コンパクト」、携帯ホッチキス「ミドリ ホッチキス XS コンパクトホッチキス」、スライド式USBメモリー「Transcend USBメモリ 64GB USB 3.1 スライド式」はどれもとにかく携帯性に優れていてペンケースにちょっと入れておく事ができますし、あると本当に便利なのでオススメですヨ!



スポンサーリンク