iPhone 12 Pro

2020年10月23日に発売されたiPhone 12 Pro ですが、入手する事ができたので(パシフィックブルーの256GB)早速レビューしたいと思います!

iPhone 12 Pro の購入を検討されている方に少しでもお役に立てるとうれしいです。

iPhone 12 Pro開封の儀

2020年10月23日のお昼頃、iPhone 12 Proが届きました。
iPhone 12 Proの外箱

段ボールを開封!
iPhone 12 Proの外箱を開封

iPhone 12 Proの外箱

iPhone 12 Proの箱正面

iPhone 12 Proから電源アダプターとEarPods(有線イヤホン)が付属しなくなったため、iPhoneの箱自体がとてもスリムになりました。
iPhone 12 Proの箱

iPhone 12 Proの箱の横

箱の後側はこのようになっています。
iPhone 12 Proの箱の裏側

透明シート(フィルム)が貼り付けてあるので矢印の部分をつまんで
iPhone 12 Proの箱の外フィルム

ペリっと剥がしていきます
iPhone 12 Proの外箱のフィルムをはずす

iPhone 12 Proの箱の中身

箱を開けるとiPhone 12 Proが現れます。今回は新色であるパシフィックブルーを注文しました。
iPhone 12 Proの箱を開ける

落ち着いた綺麗な色です。
iPhone 12 Proの箱を開けたところ

iPhone 12 Pro本体を箱から取り出すと、中から説明書やLightningケーブルが現れます。
iPhone 12 Proの箱の中の付属品

iPhone 12 ProのLightningケーブル

↑目次に戻る

iPhone 12 Proのディスプレイ部分

iPhone 12 Pro本体のディスプレイ部分にはこちらのシートが貼り付けてあります。(iPhone11シリーズまでは透明だったような気がしますが、変わったようです。)
iPhone 12 Proのディスプレイシート

iPhone 12 Proのディスプレイシート横

ディスプレイ部分のシートですが、
iPhone 12 Proのディスプレイのシート

下の部分を引っ張ると、
iPhone 12 Proのディスプレイ部分のシートをはがす

ペリっとはがれます。
iPhone 12 Proのディスプレイ部分のシートをはがしたところ

iPhone 12 Proのディスプレイ部分のシートをはがした後

ちなみにこのシート、一度剥がした後でも再度貼り付ける事が可能です。2、3回やってみましたが、問題なく綺麗に貼り付きました。

↑目次に戻る

iPhone 12 Proの外観

iPhone 12 Proの裏側(カメラがある側)はこのようになっています。
iPhone 12 Proのカメラ側の外観

横からみると、iPhone 11シリーズの丸みを帯びたデザインとは違う事が判ります。
iPhone 12 Proの横側

iPhone 12 Proを斜めから見た所

↑目次に戻る

iPhone 12 Proのカメラ部分

今回のiPhone 12 ProからはLiDARスキャナが搭載されました。(3眼カメラの右下部分にあります。)
iPhone 12 Proのカメラ部分

iPhone 12 Proのカメラ部分アップ

↑目次に戻る

iPhone 12 proをMagSafeで充電

今回、新たに発売されたアップルのMagSafe充電器も一緒に購入してみたのですが、相性抜群!!
iPhone 12 ProとMagSafe

iPhone 12 ProとMagSafe充電器

分かりやすいように裏面を表にしてくっつけてみると、マグネットの力でピタッとひっつきます!
iPhone 12 ProにMagSafeをつける

保護ケースをつけたままでも問題なし!!
iPhone 12 ProとMagSafe

横にしてもズレません。
iPhone 12 ProとMagSafe

充電時はアップルウオッチを充電している時と同じような画面になります。
iPhone 12 ProをMagSafeで充電

MagSafe充電器に関してはこちらの記事で詳しく書いています。

↑目次に戻る

iPhone 12 Proの起動画面

iPhone 12 Proを今までのiPhoneのデータで復元せず、デフォルトの状態で起動するとこちらのように2画面分になっています。

最初の画面
iPhone 12 Proの起動画面1

iPhone 12 Proの最初の画面

2つ目の画面
iPhone 12 Proの起動画面2

iPhone 12 Proの2つ目の画面

デフォルトの待ち受け画面はこちら
iPhone 12 Proのデフォルトの待ち受け画面

iPhone 12 Proの出荷時のiOS

iPhone 12 Proの出荷時のiOSは14.1でした。
iPhone 12 ProのiOSは14.1

↑目次に戻る

カメラ撮影時

iPhone 12 Proのカメラを起動した時はこちらの画面になります。
iPhone 12 Proのカメラ撮影時

ポートレートモードと、
iPhone 12 Proのポートレートモード

パノラマモードもあります。
iPhone 12 Proのパノラマモード撮影時

カメラで動画撮影時

動画を撮影する際は通常のビデオ、
iPhone 12 Proのビデオ撮影時

スロー撮影と、
iPhone 12 Proのスロー撮影時

タイムラプス撮影があります。
iPhone 12 Proのタイムラプス撮影

↑目次に戻る

iPhone 12 Proの基本スペック(11 proとの比較表)

iPhone 12 Proの箱

iPhone 12 pro と iPhone 11 pro の主なスペックの違いを比較するための比較表を作成しました。

 iPhone 12 ProiPhone 11 Pro
カラーシルバー、グラファイト、ゴールド、パシフィックブルーミッドナイトグリーン、シルバー、スペースグレイ、ゴールド
通信5G対応4G LTE対応
容量128GB,256GB,512GB64GB,256GB,512GB
サイズ高さ146.7mm 幅71.5mm 厚さ7.4mm 重量187g高さ144.0mm 幅71.4mm 厚さ8.1mm 重量188g
ディスプレイ6.1インチ5.8インチ
防沫・耐水・防塵性能IP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)IP68等級(最大水深4メートルで最大30分間)
チップA14 BionicA13 Bionic
ビデオ再生最大17時間最大18時間
カメラ超広角:F/2.4絞り値
広角:F/1.6絞り値
望遠:F/2.0絞り値
超広角:F/2.4絞り値
広角:F/1.8絞り値
望遠:F/2.0絞り値
LiDARスキャナありなし
MagSafe充電完全対応一部対応

カラー

ミッドナイトグリーンとスペースグレイがなくなり、グラファイト、パシフィックブルーが追加されました。

パシフィックブルーのiPhone 12 pro
iPhone 12 Pro

光の当たり具合によっては緑色にも見えます。

通信

iPhone 12シリーズからiPhoneが5G対応(sub6)になりましたが、残念ながら超高速通信のミリ波には非対応(米国版のみ対応)
発売前に一部ではiPhone Pro Maxはミリ波対応になるとの噂がありましたが、残念ながら非対応だったのでiPhone 13(仮)に期待しましょう。

容量

iPhone 12 Proでは64GBがなくなり、最小容量は128GB・最大容量はiPhone 11 Proと同じ512GB。
来年発売予定の次期iPhone 13(仮)は動画が8K対応になるため、最大容量が1TBになるとの噂もありますが、その分価格もグッと上がりそうでちょっと怖いですね・・・

サイズ

サイズに関しては画面が大きくなった分、iPhone 12 Proの方が縦横が若干大きくなりましたが、厚さは薄くなり、重量はほぼ同じ(1g減少)なので、iPhone 11 Pro よりも持ちやすいかもしれません。
iPhone 12 Proの厚さ

ディスプレイ

5.8インチから6.1インチになり、より画面が大きくなりましたが、iPhone自体の大きさは若干大きくなった程度で、重量も変わらないのでありがたいですね!
iPhone 12 Proのディスプレイ

防沫・耐水・防塵性能

同じIP68等級ですが、iPhone 11 Pro が最大水深4メートルで最大30分間だったのに対して、iPhone 12 Proは最大水深6メートルで最大30分間に進化しました。

チップ

iPhone 12 ProはA14 Bionicチップを搭載しており、iPhone 11 ProのA13 Bionicチップよりも40%高速化されました。

ビデオ再生

ビデオ再生時間はiPhone 11 Pro の最大18時間からiPhone 12 Pro は最大17時間と減ってしまいましたが、ちょっと残念ですね。
バッテリーの容量が小さくなったのが原因かもしれないですね。

カメラ

引き続き超広角、広角、望遠カメラのシステムが継承されましたが、広角だけF/1.8がF/1.6となり、より明るくなりました。
また、iPhone 12 ProからはLiDAR(ライダー)スキャナ(赤外線を使って奥行きなどを計測するセンサー)が搭載されたので暗い場所でのオートフォーカスが早くなったり、ナイトモード ポートレート(暗い所でのポートレート)が使えるようになったりカメラの機能は確実にパワーアップしています。
iphone 12 Proのカメラ

その他

iPhone 12シリーズはアップルが新しくiPhone用に発売したMagSafe充電器にも対応しています。
iPhone 12 ProにMagSafeを付ける

MagSafeはQi規格対応なのでiPhone 11シリーズなども充電自体は可能ですが、急速充電ができなかったり、一番の売りであるマグネットでピタっとくっつく事はありません。

MagSafeに関してはこちらも参考にしてみてください。

↑目次に戻る

iPhone 12 proのここがいい!

iPhone 12 Proのカメラ側の外観

iPhone 12 Proは新色が追加されたり、チップが進化したり、防水性能が伸びたり、頑丈になったりといった事ももちろん良い点だと思いますが、個人的にはiPhone 12 Proのここがいい!というのは以下の4つです。

・画面が大きくなった
・本体のデザインが新しくなった
・カメラが進化した
・5G対応になった

画面が大きくなった

iPhone 12 Proの起動画面2
やはり、本体の大きさがほとんど変わっていないにも関わらず、画面が5.8インチから6.1インチになった事は素直にうれしい点。

本体のデザインが新しくなった

iphone 12 Proのカメラ横画像
iPhone 11の丸みを帯びたデザインが好きではない方にとっては今回のiPhone 12シリーズの角ばったデザインは大歓迎なのではないかと思います。昔ながらのiPhoneのかっこよさを感じます。 

カメラが進化した

iPhone 12 Proのカメラ部分アップ
iPhone 12 Proの一番ここがいい!と思うのは、やはりカメラ性能の進化ではないかと思います。

センサーサイズが大きくなり、レンズが明るくなったのはもちろん、LiDARスキャナが搭載された事で写真の撮影だけではなく、今後様々なアプリが登場して色々な場面で活用できそうです。

5G対応になった

iPhone 12 Proに限らずですが、iPhone 12シリーズの一番のウリはやはり5G対応になった事ではないかと思います。
日本ではまだ5Gの通信環境自体が整っていなのですぐに、

ムチャクチャ便利で快適になった!

っという事は少ないと思いますが、5G対応になったという事はいつでも5Gが使えるという事になるので、今後長く使える機種になると思います。

↑目次に戻る

iPhone 12 proのここがダメ!

逆にiPhone 12 Proのここがダメ!と思う点は以下の3つ。

・バッテリー容量が減った(と思われる)
・新デザインが角張り過ぎている
・iPhone 12 Pro Maxと差がついてしまった

バッテリー容量が減った(と思われる)

公式に発表していませんが、iPhone 12 ProはiPhone 11 Proと比べてバッテリーの容量が小さくなったようで、ビデオ再生の最大時間が1時間ほど減りました。

ただ、A14 Bionicチップの省電力化のおかげか、オーディオ再生など、その他の利用時間はあまり変わっていないようです。

新デザインが角張り過ぎている

iPhone 12 Proのデザインが角張すぎているために手を切ったという報告例が出てきています。
こちらに関してはiPhone裸族(カバーをつけない)でなければカバーをつけると思うのでさほどマイナス点ではないかもしれません。

iPhone 12 Pro Maxと差がついてしまった

iPhone 12 Proの一番、ここがダメ!だと思う点はこちらなのですが、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro MAX は、

大きいか小さいか

程度の関係だったのが、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro MAXは

・センサーサイズの違い
・手ブレ補整の違い
・光学ズームの違い
・デジタルズームの違い

センサーサイズの違い

広角カメラのセンサーと画素数がiPhone 12 Pro MAXの方がiPhone 12 Proよりも大きい。

手ブレ補整の違い

iPhone 12 Pro MAXは光学式手ブレ補整がセンサーシフト式になった。

光学ズームの違い

iPhone 12 Pro の光学ズームが2倍に対してiPhone 12 Pro MAXの光学ズームは2.5倍。

デジタルズームの違い

iPhone 12 Pro のデジタルズームは最大10倍に対してiPhone 12 Pro MAXのデジタルズームは最大12倍。

っと、明確に違いが出ました。

iPhoneのProを選ぶ方はカメラにこだわる方が多いと思いますので、カメラの性能に差がついてしまったのはちょっと残念な点ですね・・・

ただ、iPhone 12 Pro が、

標準的なサイズ(iPhone 12を基準として)で最高のiPhoneのカメラ

という事は変わらないですけどね。

↑目次に戻る

まとめ

あれちんあれちん

色々と進化したiPhone 12 Proですが、綺麗な写真が撮りたいと思っている方に特にオススメしたいiPhoneです!

iPhone 11 Proを使われている場合には急いで買い替える必要はないかもしれませんが、2世代前ぐらいのiPhoneを使われている方で最新の機能を使いたい方にはとてもオススメです!

スポンサーリンク