【裏ワザ】加湿器の裏(後ろ)のパネルを掃除いらずにする方法

我が家では冬になるとDAINICHI(ダイニチ) HD-9015という加湿器を使っているのですが、シーズン中、使っているうちに裏(というか後?)の部分に埃が溜まってしまい、毎回掃除機を掃除をしていたのですが、いつしかそれが面倒に感じ、何かこれを解決する方法はないかと思案した所、加湿器の裏(後ろ)の部分(パネル)を掃除いらずにする方法を見つけました!

使い捨てのフィルターを貼り付けて掃除いらず

もういきなり答えを書いちゃいますが、掃除いらずにするにはズバリ、加湿器の裏のパネルにフィルターを貼り付ければOKです。

以上です。

・・・っと、言いたい所ですが、実は我が家の加湿器の後のパネル専用の使い捨てフィルターというものが存在しなかったので、空気清浄器で使用している使い捨てフィルターを使用する事にしました。

SHARP 空気洗浄機使い捨てフィルターFZ-PF80K1

我が家ではワンコを飼っているので空気清浄機が必須なのですが、買った当初からお試しでこちらのSHARP 空気洗浄機使い捨てフィルターFZ-PF80K1が付属していました。

こちらのフィルターにはシール型のマジックテープが付属しており(小さいのが10個)、それを裏側に貼り付ける事により、このフィルターを取り付ける事ができます。

あとは埃が溜まったら剥がして捨てるだけ。(我が家は大体1ヵ月に一度ほどで新しいものに交換しています。)

新しいものも数秒ほどで取り付ける事ができるので、ストレスフリー!!

こちらのフィルターを空気清浄機の裏のパネル用使い捨てフィルターを加湿器に取り付けて使用します。

加湿器の裏のパネルに使い捨てフィルターを取り付ける方法

まずは使い捨てフィルターを購入します。

SHARP 空気洗浄機使い捨てフィルターFZ-PF80K1購入方法

SHARP 空気洗浄機使い捨てフィルターFZ-PF80K1ですが、割とどこでも売っており、ホームセンターや大きめのスーパーなどでも手に入りますし、もちろんアマゾンでも手に入ります。

6枚入りで800円程度です。

マジックテープを貼る

先程も書きましたが、この使い捨てフィルターには四角く小さなシール型のマジックテープが10片付属しています。

そのシールを加湿器の後側に貼り付けます。

今回は7カ所に貼り付けています。
※右の真ん中はパネルをはずす為に指を引っかけるようになっているのでシールを貼るのはやめておいた方がよいです。

使い捨てフィルターを半分に切る

この使い捨てフィルターですが、DAINICHI(ダイニチ) HD-9015や、一般的な加湿器の裏パネルフィルターにはサイズが大きすぎるので、半分に切るとちょうどよいです。

柔らかいのでハサミで簡単に切断する事ができます。

半分にすると、こんな感じになります。

スポンサーリンク

使い捨てフィルターを加湿器の裏側パネルに貼り付ける

先程半分に切ったフィルターを1枚取り、

裏側パネルの所に貼り付けたマジックテープに合せて貼り付けます。

完成!

あとは埃が溜まったら捨てるだけ。(我が家は1ヵ月に1回程度)

使い捨てフィルター自体は6枚入りですが、半分に切って使用するので、実際に使えるのは12枚分。

我が家と同じように1ヵ月に1回程度で新しいものに交換すると、2~3シーズンは使えます♪

ちなみに別記事で書いていますが、加湿器の水タンクの中にあるモノを入れるとさらに掃除が楽ちんになりますよ。

↑目次に戻る

まとめ

あれちんあれちん

毎回掃除機で埃を吸っていた頃は、まず掃除機を出して、コンセントをさして、先っぽを交換して、そこから埃を吸って・・・っとやっていたのですが、このフィルターにしてからはものの数秒で終わるので、本当に楽チン&ストレスフリーになりました。

スポンサーリンク