AirPods Proレビュー

2019年10月30日、突如発売されたApple のAirPods Pro(airpodsの第三世代)ですが、
早速当日にポチリ、10月31日に到着。

そこから1ヵ月以上使ってみたレビューを書きたいと思います。

ちなみに購入した際のレビューはこちら↓↓↓

AirPods Pro購入前

AirPods Proを購入する前の管理人あれちんは以下のような状態でした。

音に関するこだわりなし

に関するこだわりはなく、最初はEarPods(iPhone付属のイヤホン)でも特に不満はありませんでしたが、線が邪魔くさくてAirPodsにしました。

カナル型のイヤホンが苦手

AirPodsを買う前に安い(3000円程度)のカナル型ワイヤレスイヤホンを使っていましたが、耳に入れている時に「カサカサ」音がするのが苦手&圧迫感があったので苦手でした。

AirPods歴

2017年1月にAirPods(第一世代)を購入し、2019年10月30日まで使っていました。

AirPodsの使用用途

あれちんのAirPodsの使用用途はこのような感じ
・ウォーキングやジョギングに音楽を聞く時
・移動時に音楽を聞く時
・仕事中に音楽を聞く時

↑目次に戻る

AirPods Proのここがいい!と思った5つの事

AirPods Proが2019年10月31日に届き、すぐに「ここがいい!」と思った5つの事を別記事で書きましたが、1ヵ月以上使ってみた感想はというと・・・

装着感ビフォー・アフター

ビフォー(使い始めてすぐ)

まずは装着感!今までのAirPodsも装着感はとてもよかったのですが、どうしても「危うさ」がありました。
あれちんの耳みにはちょうど良かったAirPodsですが、いつも、「なんか落ちそう」的な感じでした。

混雑した電車の中で人とぶつかったらはずれないかな?という思いもありましたし、
冬になるとマフラーやネックウォーマーをはずす際にかなりの確率ではずれちゃいました。(なので先にAirPodsをはずしてからマフラーやネックウォーマーをはずしてました。)

アフター(1ヵ月後)

元々すぐに「装着感がいい」と感じていましたが、「装着感がいい」から、慣れたのか、さらに「装着感が抜群」に変わりました。

見た目ビフォー・アフター

ビフォー(使い始めてすぐ)

先程もふれましたが、AirPodsは軸の部分が長く、よく「耳からうどん」と言われていましたが、AirPods Proは軸の部分が短くなったので見た目が「耳からうどん」ではなくなりました。

アフター(1ヵ月後)

見た目は最初ともちろん変わりませんが、本当に「耳からうどん」感はないです。

AirPods Proを装着したところ
AirPods Proを耳に装着したところ

音質ビフォー・アフター

ビフォー(使い始めてすぐ)

素人の意見ですが、AirPodsに比べて、AirPods Proはとても音が良くなった印象です。重低音がしっかり聞こえるというか、全体にメリハリがある音になったというか、とにかく音がよくなりました。

アフター(1ヵ月後)

これは不思議と、使い始めた頃よりも「音が良くなった」ような気がしてしまいます。もちろん何かが変わったわけではないので最初の音質と今の音質はまったく同じはずなのですが、耳に馴染んできた?ので耳にフィットしてきて良くなったように感じるのかもしれません。

ノイズキャンセル、ビフォー・アフター

ビフォー(使い始めてすぐ)

今回のAirPods Proの目玉の一つですが、ノイズキャンセル(アクティブノイズキャンセリング)がものすごくいいです!(といっても人生ではじめてのノイズキャンセル体験なのでAirPodsと比べてという事です。)

没頭感がすごいというか、他の音はほとんど聞こえないです。

アフター(1ヵ月後)

これは相変わらず素晴らしいです。(素人判断ですが)

先程書いたように、耳に馴染んできたからなのか、最初よりも音質が良いように感じるのでノイズキャンセルもより実感できるような気がします。

外部音取り込みモードビフォー・アフター

ビフォー(使い始めてすぐ)

以前使っていたカナル型のイヤホンは外で使っていると外の音があまり聞こえず、「怖い」感じでしたが(ノイズキャンセルがついていない機種でも)、AirPods Proには「外部音取り込みモード」という機能がついており、外側のマイクが外の音を拾ってくれます。

アフター(1ヵ月後)

こちらに関してはとても素晴らしい機能に代わりはありませんが、購入当初よりも使う機会がめっきり減りました。ノイズキャンセルがかかった状態での没頭感が素晴らしいので普段は可能な限り外部音取り込みモードを使わないようになりました。
※電車の案内音などはノイズキャンセルの状態でも聞こえるので、車通りの多い道路を歩く時ぐらいしか外部音取り込みモードを使わなくなりました。(あとはお店に入って店員さんと話す時ぐらい)

スポンサーリンク



↑目次に戻る

AirPods Proのここがダメ!と思った3つのこと

充電ケースから取り出しにくいビフォー・アフター

ビフォー(使い始めてすぐ)

恐らくAirPods Proをはじめて手にした方全員が思うところだと思うのですが、はじめてAirPods Proを充電ケースから出そうとすると、とても取り出しにくいです。

特にAirPodsを使っている方は、充電ケースからすぐに取り出せる事に慣れているので最初は戸惑うかもしれません。

アフター(1ヵ月後)

こちらに関しては使っているうちに慣れるかな?などと思っていましたが、相変わらず取り出しにくいです・・・
AirPods の時には取り出す際に落とす事など3年近く使った中で一度もありませんでしたが、AirPods Proは取り出す際に1ヵ月で3回ほどおとしました。(自宅でですが・・・)

使用期間が延びればもう少し慣れる気はしますが、ちょっと注意が必要そうです。

長時間していると少し痛いビフォー・アフター

ビフォー(使い始めてすぐ)

これはもちろん個人差があると思いますが、AirPods ProはAirPodsと形状自体も異なりますが、耳に入れる部分が少し大きくなっています。

1~2時間付ける程度であれば何も感じませんが、あれちんの場合、仕事中に付けている為、半日ぐらい付けているとちょっと耳が痛くなってきます。

アフター(1ヵ月後)

こちらに関しては今はまったく痛くないです。最初の頃は上記のように半日ぐらいすると痛かったのですが、今はまったく大丈夫。
基本的に1日中付けていますが、やはり耳に馴染んできたのではないかと思います。

値段が高いビフォー・アフター

ビフォー(使い始めてすぐ)

AirPods Proの価格は税込で3万円を超えますので、あれちんのように、イヤホンって普通、数千円じゃないの?という感覚ですと高く感じます。

AirPodsを最初に買った時もイヤホン如きに税抜17800円はとんでもなく高く感じました。

ただ、実際にAirPods にしても、AirPods Proにしてもとんでもなく便利なので、使って見ると決して値段が高いとは思わなくなりますけどね。

アフター(1ヵ月後)

今は本当にとんでもなく便利なので、まったく値段が高いとは思いません。高い安いはもちろん人によって感覚が違うと思いますが、あれちん個人としてはまったく高いとは思わないです。

↑目次に戻る

AirPods Proは買い?やめた方がいい?

ビフォー(使い始めてすぐ)

結局AirPods Proは買いなのか?っと聞かれたら即答します。

はい!買いです!!っと。

アフター(1ヵ月後)

一ヵ月経った今も即答します。

はい!買いです!!

前回の記事(購入してすぐの記事)では、

AirPods を現在使っている方からすると買い替えるほどなのか?という疑問が生まれると思いますが、あれちん的には買い替えではなく、AirPods Proを買い足すという選択肢が一番良いのではないかと思います。

音は間違いなくAirPods Proの方がAirPods より上ですが、AirPods の持つ、「気軽さ」は捨てがたいです。

使っている方であれば分かると思いますが、AirPods は付けているのを忘れてしまうほどですので。

っと書きましたが、AirPods Proが耳に馴染み、痛みもなく、付けているのを”ほぼ”忘れてしまうぐらいになったので、AirPodsの出番はまったくなくなってしまうほどAirPods Proが素晴らしいです!!

↑目次に戻る

まとめ

あれちんあれちん

今までお世話になったAirPodsが不必要になってしまうのは悲しいですが、AirPods Proが素晴らし過ぎるので、とりあえず壊れた時の為の代用品として残しておこうかなと思っています。AirPods Proが気になっているのであれば本当にオススメの一品ですよ!(特にAirPodsユーザーには)

こちらの記事もオススメです↓↓↓

スポンサーリンク